二重窓とは?寒い北海道の冬を乗り越える強い味方、二重窓を解説!

窓際の写真

日本の中でも雪がとても多く、毎年厳しい寒さになる北海道。

そんな北海道に住んでいて、こんな悩みを持ったことはありませんか?

・毎年冬になると暖房をつけていても家の中が寒い

・家も段々と古くなってきて窓から隙間風が入ってくる

・家の中でも特に窓付近が寒い

・結露がすごく、壁や床のカビが心配

お家の経年劣化は免れないものですが、せっかくのお家であるなら寒い北海道の冬もなるべく快適に過ごしたいですよね。

そんな、北海道の寒い冬を暖かいお家にするためのヒントは…

『二重窓』という窓にあるんです!

『二重窓』は、主に北海道や東北地方など寒い地方で使用されていた窓ですが、

近年では防音や省エネ効果も期待されることから全国的にも見られるようになってきました。

そして、二重窓にすることで、

二重窓のメリット

このようなメリットがあるんですよ。

そこで、本記事では、

・二重窓とは?

・北海道だからこそ二重窓に!二重窓のメリット4つ

・リフォームの費用相場

・北海道で二重窓にする際の注意点や押さえるべきポイント

これらを解説していきたいと思います。

こちらの記事を読んで、二重窓について理解を深めリフォームを検討する際にお役立てくださいね。

1. 二重窓ってどんな窓?二重窓について解説

二重窓って一体どんな窓なの?と疑問に思っている方がほとんどなのではないでしょうか。

この章では二重窓について詳しく解説をしていきます。

まず、二重窓とは、

今ついている窓の内側にもう一枚新しく窓を取り付けたもののことです。

よく、「内窓」「インナーサッシ」などといった名称でも呼ばれています。

二重窓のイメージ

⬆︎ 二重窓 イメージ

また、「複層ガラス」と間違われることがありますが、

複層ガラスと二重窓は全くの別物になります。

複層ガラスは、名の通り複数のガラスから構成されている窓ガラスのことで、ガラスとガラスの間に空間を持たせています。

二重窓は、今ある窓の内側にもう一枚窓をつけたものを指しますので全く異なるものです。

「二重窓」は、北海道や東北地方といった、雪が多く寒さの厳しい地域で凍ってしまう窓の対策として新築の戸建てからマンションやアパートなど、建物の種類を問わず採用されてきた工法になります。

最近では、省エネや防音効果が期待されることから全国的に使用されることが増えてきています。

窓を後付けすることが可能な為、多くのリフォーム工事でも採用されています。

2.二重窓リフォームで部屋は10度暖かくなる!

エアコンの写真

二重窓にすると、一枚の窓に比べて約5〜10度温度が高くなります。

窓は家の中でも1番熱が出入りする箇所ですが、特に冬場は暖気がおよそ50〜60%も逃げていってしまっています。

1枚の窓では、せっかくエアコンや暖房で温めた空気が半分以上逃げていってしまっているんです。

二重窓は、窓を二重にすることで窓と窓の間に空気の層ができ、断熱効果がアップするため、部屋の暖かい空

気が窓から逃げていかず、暖房代を抑えることができます。

室温が10度違うと、体感温度は10度以上違います。

10度も室温が違うと、お家の中で着る服も変わってきますよね!

エコで、暖房代も節約できますよ。

建ててから年数の経った住宅でも、リフォームで二重窓を取り入れることで、家の中でも寒くて快適に過ごせないという問題を解決し、住み心地を良くすることができます。

窓は家の中に光を取り入れるという大事な役割がありますが、熱の出入りも激しいため、夏場はエアコンで冷やされた冷たい空気や暖房で温めた空気をロスしてしまう部分でもあります。

窓を二重窓にするだけで年中快適に暮らせる上に、冷暖房代を節約でき、省エネ効果も期待できるでしょう。

3.二重窓のガラスの種類

二重ガラスの種類はいくつかありますが、今回の記事では5種類紹介していきます。

二重窓 ガラスの種類

3-1.単板ガラス

一般的な一枚のガラスのことを単板ガラスと呼びます。

透明なガラスが多いですが、不透明なものや、外から見えない加工がしてあるものもあります。

結露防止効果は高くありませんが、価格を抑えて、リフォームで既存の窓の内側にもう一枚追加して二重窓にしたいという人にはおすすめのガラスです。

3-2.複層ガラス(ペアガラス)

複層ガラスは、ガラスとガラスを合わせ、1枚のガラスにしたガラスのことです。

2枚のガラスの間には中空層があり、1枚のガラスと比べると、約2倍の断熱効果があります。

また、内側のガラスが冷えにくいため、結露もしにくいのが複層ガラスです。

しかし、ガラス自体の重さが単板ガラスよりも重くなるので、開閉しづらくなることがデメリットです。

3-3.高断熱複層ガラス

高断熱複層ガラスは、窓の内側を特殊金属膜でコーティングしたガラスのことを言います。

この特殊金属膜は日中に太陽の光を取り込んで、部屋の温度を保つ効果があります。

さらに、日差しを約60%カットしてくれるため、室内の夏場は冷房効果が上がります。

紫外線もカットしてくれるので、窓の近くの家具やカーペット、本などの日焼けを防ぐ効果も期待できます。 

3-4.遮熱高断熱複層ガラス

窓からの紫外線や日差しをカットすることに特化したガラスが遮熱高断熱複層ガラスです。

遮熱高断熱複層ガラスは、夏場の強い日差しを遮断し、室内の温度上昇を防いでくれます。

断熱ガラスと似ている遮熱高断熱複層ガラスですが、後者は「日差し」に対しての効果が高いので、西部屋の窓に最適です。

3-5.真空ガラス(合わせガラス)

真空ガラスは、複層ガラスのように2枚のガラスが合わさったガラスですが、2枚のガラスの間が真空になっているものを言います。

ガラスの厚みは単板ガラスと変わりませんが、断熱効果は単板ガラスの約3〜4倍ほどあり、結露もできにくいことが特徴です。

さらに、高い防音効果も期待できるます。

4.二重窓のメリット4つ

二重窓には4つのメリットがあります。

断熱効果

結露防止効果

防音効果

防犯効果

4-1.断熱効果

二重窓のメリットはなんと言っても「断熱」効果です。

家の空気を約50%も外に逃してしまう窓。

そんな窓を二重窓にすることで、一度温めた空気を室内にとどめておくことができるため、エアコン代や暖房代を節約することができます。

二重窓は窓のそばでも冷えることがなくなるので、窓際にデスクやベッドを置いている人は夜中寒くて目が覚めることもなくなりますよ。

断熱効果は選ぶガラスの種類によって変わってきますが、窓が二重になることで他にもメリット(以下で説明)があります。

4-2.結露防止効果

結露の写真

冬の寒さが厳しい地域では窓が結露してしまい、室内の湿気・カビ対策が必要不可欠ですが、二重窓は結露を防ぐことができるため、快適に過ごすことができます。

その理由として、結露は室内の空気が外気によって冷たくなったガラスによって冷やされることで起こります。

結露は湿気により、窓周辺のカビや腐食の原因になってしまいます。

二重窓は、内側のガラスが冷えづらいため、結果として結露も起きにくくなります。

4-3.防音効果

一般的な窓には、レールや窓枠に隙間があり、外の音が室内に音漏れしてしまいます。

二重窓にすることで気密性が飛躍的に上がり、防音対策にもなるんです。

室内の音を外に漏らすことも防ぐことができるため、小さいお子様がいらっしゃる家庭や、日頃楽器を演奏する人にも二重窓はおすすめです。

4-4.防犯効果

二重窓は防犯効果も高いです。窓が二重になることで、空き巣などの犯罪者が侵入しづらくなります。

空き巣の手口は、窓の鍵の近くに小さな穴を開け内側にある鍵を解除し、家内に侵入するため、鍵が二つある二重窓は侵入までの時間がかかり、発見・通報されてしまうリスクが高まります。

目安として5分以上かかると約7割の空き巣が諦めるというデータがあります。

ガラスのメーカーには、ガラスが割れにくくなる防犯フィルムを使用していたり、標準で防犯ガラスを採用しているところもあるんです。

このため、二重窓の戸建は空き巣を抑制する効果もあります。

5.二重窓のデメリット3つ

メリットの多い二重窓ですが、家庭によってはデメリットに感じる部分もあるようです。

二重窓のデメリットは3つあります。

価格が高い

窓を開ける手間が増える

掃除が大変

5-1.価格が高い

二重窓のリフォームを検討するときに気になるのはその価格ですよね。

二重窓のリフォームでは、サッシとガラスを取り付けなければなりません。

せっかくなら、機能性の高いガラスにしたい人がほとんどだと思いますが、高断熱複層ガラスなどは1枚や10万円ほどします。

対して、単板ガラスは1枚5,000〜20,000円ですので、その差は大きいです。

取付費や既存のサッシ等の処分も合わせたリフォーム費用は、一箇所あたり10〜20万円です。

窓のリフォームをするなら全ての窓をリフォームしたくなりますが、予算がちょっと…という人は寝室や居間など、過ごす時間が長い部屋を優先するといいですよ。

5-2.窓を開ける手間が増える

二重窓の手間

窓が2枚になる二重窓は、少し換気をしたいという時など手間が増え、億劫に感じてしまうかもしれません。

特に、空気の入れ替えの頻度が多い家庭では気軽に窓の開け閉めができず、デメリットに感じるでしょう。

5-3.掃除が大変

二重窓にすると、窓やサッシの掃除量は2倍になってしまいます。

室内からは、外側の窓の掃除をしづらいため、2階など外から掃除しにくい箇所では頻繁に掃除ができなくなります。

慣れれば大丈夫と割り切れる人もいると思いますが、こまめに掃除をしたい家庭には向いていません。

6.二重窓のリフォーム相場価格

6-1.価格相場は10〜20万円

価格相場は10〜20万円

メリットがたくさんある二重窓ですが、そのリフォーム価格は一箇所あたり約10〜20万円です。

気密性の高い窓枠への変更や、取付費用、既存のガラスの処分費など、ガラス以外の費用もかかってくるため、予算は一箇所あたりで20万円ほどを見ておくといいでしょう。

単板ガラスを既存の窓に追加する場合は費用を抑えることができますし、高機能ガラスではなくても、ガラスが一枚の時と比べて外の寒さを室内に侵入しないようにできるため、なるべく予算を抑えたい人は一般的な単板ガラスを選ぶといいですよ。

また、窓の大きさによっても費用が大きく変わってきます。

特に、ダイニング・寝室は寒さが気になりやすい箇所ですので、ペアガラス等を採用される人が多いです。

サイズ・ガラスの値段によって費用は変動しますが、特にダイニングでよく見られる床から天井までの大きな窓はしっかりと相見積もり(数社から同じ内容で見積もりを取ること。)し、リフォームする箇所の優先順位を決め、効率的にどこの箇所・部屋の窓を二重窓にすれば快適に過ごせるか、困った際にはリフォーム会社と相談し、見積もりを見て決めましょう。

6-2.施工時間は30分から1時間程

施工時間は30分〜1時間

二重窓へのリフォームの施工時間は、おおよそ30分から1時間(一箇所あたり)です。

【簡単なリフォームの流れ】

①窓枠を取り付ける

②取り付けた窓枠にガラスをはめる

③コーキングで隙間(下地と地面の隙間など)を埋める

以上の流れは既存の窓に追加する場合です。

既存の窓を撤去し、新しいガラスに交換する場合は①の前に施工工程が増えます。

リフォーム後は、コーキングが固まるまでに約1日かかりますので、施工後は窓の開け閉めをしないようにする必要があります。

6-3.補助金制度

補助金制度

二重窓したいけれど、金額で引っ掛かっている人には減税や補助金制度がおすすめです。

地域によっては、住宅の省エネリフォーム減税制度という、省エネルギー対策のためのリフォームであれば、所得税・固定資産税が減税される制度があります。

【札幌市の減税・補助金制度】

・札幌市住宅エコリフォーム制度

 →第2回受付:令和3年10月1日終了

【国の制度】

・グリーン住宅ポイント制度

・こどもみらい住宅支援事業(リフォーム)

・既存住宅における断熱リフォーム支援事業

ここでは全て紹介することはできませんが、お住まいの地域ではどのような補助金制度や減税制度があるか一度確認してみましょう。

7.二重窓をリフォームする際の注意点とポイント

POINT

二重窓のリフォームは10〜20万円ほど費用がかかりますが、実際、二重窓のリフォームは今時期非常にお問い合わせが多く、サッシの取替工事も人気です。

すでに二重窓の住宅では、古くなったサッシを取り替えるだけでも過ごしやすさが格段と向上するんですよ。

年数の経ったサッシは経年劣化によって隙間ができやすくなります。

隙間ができてしまうと、そこから外の冷たい風が室内に侵入し、結露の原因になってしまいます。

サッシだけの取替えだと、二重窓のリフォームよりも費用を抑えることができます。

また、窓ガラスも経年劣化によって機能が失われていきます。

ガラス自体の断熱効果が落ちてくると、結露の原因になりますのですでに二重窓でも結露ができていないか確認が必要です。

8.二重窓のリフォームなら太田建匠(株)!

見積書サンプル

いざ二重窓のリフォームを考えた時、まずはどこのリフォーム会社に工事を頼むか悩みますよね。

そんな時、北海道、特に札幌近郊にお住まいの方は「太田建匠(株)」にご依頼ください。

8-1.太田建匠(株)がおすすめな理由

太田建匠(株)は、平成8年に設立されてから30年近く様々なリフォームのご依頼を受けてきています。

・しつこい営業は苦手

・専門用語はわからない

・とりあえず見積もりだけ見て見たい

そんなことを思っている人は少なくないはずです。

太田建匠(株)は、リピーターや紹介のお客様が非常に多く、地域密着型のリフォーム会社です。

相談だけ…というお客様も多いですが、ご相談や見積もりだけでは料金をいただきません

住まいに関することで少しでも気になることがあれば、お気軽にお問合せくださいね。

8-2.太田建匠(株)について

太田建匠(株)

商号:太田建匠 株式会社(一級建築士事務所)

設立年月日:平成8年9月4日

住所:北海道札幌市東区東苗穂4条1丁目8-14

電話番号:011-299-7722

FAX:011-299-7720

メール:info@otakensho.com

URL:https://www.otakensho.com/company.html

営業時間:9:00〜18:00

事業内容:新築、リフォーム全般

9.まとめ

今回は、二重窓について、

 ・二重窓って何?

 ・ガラスの種類

 ・二重窓のメリット、デメリット

 ・二重窓リフォームの相場価格

を紹介していきました。

断熱効果だけでなく、結露防止や防音効果、防犯対策もある二重窓。

こちらの記事で少しでも二重窓のリフォームが気になった人はお気軽にお問合せくださいね!

他の記事では、寒さ対策や雪国でおすすめな無落雪屋根などの記事もあわせて読んでみてください。

コメント